ato


【BRAND CONCEPT】

ato(アトウ)では身体を個性の象徴と捉え、一つ一つのパターンにこだわりを持ち服作りに取り組んでいる。
全てのアイテムを立体裁断で作っているのも、フォルムはデザインであり、また身体という個性を意識させるシルエットを目指しているからである。
男性らしさ、女性らしさに捉われて一本のラインを引くことなく、「個々の個性を引き出す」という考えのもと物作りを行っている。
また、アトウでは服の全てにパタンナーネームをつけており、これはデザイナーだけではなくパタンナーなどスタッフ一人一人が「良い服を作る」という目的のもと、個性を生かした服作りを行っている象徴でもある。
さりげない中に大人の感性が光るatoはファンならずしても人気が高い。
着る人によって良い服の定義は文字通り十人十色であるというデザイナーの考えから、毎シーズンテーマは敢えて設定せず、着ている人の個性を隠さずに表現できる服をデザインしている。
1993年にスタートし、2001年春夏にはパリコレデビューを果たす。

デザイナー:松本 与

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2